無料相談の回答

お悩みを、解決します

妊娠中の虫歯治療、抜歯について

妊娠中の歯の治療について教えてください。
5ヶ月に入ったところですが、むし歯になったようで痛むので治療に行きたいのですが、妊娠中でも大丈夫でしょうか?治療の過程で、抜歯が必要となった時はどうすればいいでしょうか?
妊娠おめでとうございます。
通常、妊娠中の治療は4か月から8か月の間に行うのが良いとされています。この時期の治療であれば問題は少ないと考えられます。但し、妊娠中は体調も悪く治療に適している時期ではないのですが、痛みを放置しておく事のほうがもっと大変な事態を引き起こします。妊娠中はホルモンのバランスが崩れたり、つわりがひどかったりで口腔内の環境が悪くなり虫歯や歯肉炎ができやすくなっています。
そこで、今5か月という事で治療には差し支えない時期と思いますので、すぐにかかりつけの歯医者さんに行き治療をうけ、痛みを除去してもらう事が必要です。妊娠中の抜歯についても上記の時期なら問題はありません。レントゲンや麻酔や薬もほとんど問題はないのですが、薬の添付文書などには「妊婦に対し安全性は確立されていません」などと記載されています。そのような件もあり、歯科医師の中には妊娠中の治療を積極的に行わない事が多いのも事実です。
昔「一子産んで一歯失う」などという事が言われていました。しっかりと治療をうけ、丈夫な赤ちゃんを出産することを願っております。又、妊娠の可能性がある方がごらんになっておりましたら、歯の治療は出来れば結婚前、また妊娠前にすましておく事をおすすめします。

痛くない歯医者

Q:岩手県の盛岡市近郊で、痛くない歯医者を紹介してください。

A: 痛くない歯医者とは、何でしょう。痛くない歯の治療とは、何でしょう。
歯の治療は、初期の虫歯や歯周病の治療では、まったく痛みを感じません。
その為に、痛くない歯の治療を受けるために、早期発見、早期治療が重要です。
しかし、進行が進んで重症になった場合はどうでしょう。
歯周病の治療には歯石除去(スケーリング)が不可欠です。痛くない歯石除去の方法は、麻酔をすれば痛くないのですが、注射が嫌い、何回も歯科麻酔をしなくてはならないなどの苦痛が有ります。効果のある表面麻酔なら痛くない治療が出来ると思います。
また、歯石をとる器械が、P-MAXなどの痛くない器械を使っているかどうかです。振動が違うので、体験してみれば痛いか痛くないかすぐにわかります。
また、虫歯が深い場合はどうでしょう、歯がしみる等では、神経を取る治療を行うと思いますが、ドックスベストセメントなどの虫歯を殺菌するセメントを使用することにより、神経を取らないですむ場合も有ります。
さすがに、歯がズキズキ痛む場合には、神経をとらなくてはいけませんが、それでも再発のない治療を行えば、根の先が化膿して、再治療を行うことも有りません。
痛くない歯医者さんは、再発のない治療のために、どのような設備や材料と良い技術を提供する歯科医院ということではないでしょうか。

歯のQ&A

スタッフ一覧

PAGE TOP