矯正歯科治療とは

矯正歯科治療は、主にワイヤー矯正(唇側矯正、舌側矯正)と、マウスピース矯正に分かれます。
ワイヤー矯正は、主に捻転(歯をねじる)や挺出(歯を出す)が得意であり、マウスピース矯正は、傾斜(歯を倒す)や圧下(歯を沈める)が得意です。
大きな特徴は、ワイヤー矯正は、痛みが強いのに対して、マウスピース矯正は、痛みが少ない矯正方法です。
最近では、目立たないという理由から、芸能人もマウスピース矯正を選択することが多くなってきました。

盛岡ツイン歯科クリニックの矯正治療の歴史

旧津志田歯科医院では、1990年から ワイヤー矯正を始めておりましたが 2000年より マウスピース矯正を開始しました
ワイヤー矯正は、故青島先生から5年間指導を受けました
当時、ナイタイ(形状記憶合金)が出始めたころでした
全国でも数名しかいない クリアアライナーの専門医として 行っていました


CAシステム
今でも クリアアライナーの専用の CAプレートを使用しています。
その他にも、イークライナーマウスピース矯正、アソアライナーマウスピース矯正、トランスクリアマウスピース矯正、DENマウスピース矯正などの認定医でもあります。
2009年より、ストレートラインマウスピース矯正を始めましたが、この会社が破綻したために、インビザラインに移行しました。
インビザラインは、プラチナドクターの称号をいただきました
現在は、2足のわらじはうまくいかないので、マウスピース矯正を中心に行っています。

blank

その後は、執筆活動も行いながら、歯根を使った矯正歯科治療を確立しました。
矯正歯科は、ブラケット矯正をさす場合が多いです。
表面にブラケットを付けるワイヤー矯正、裏側にブラケットを付ける舌側矯正に分かれます。
ワイヤー矯正は、矯正専門医で、行うことがベストです。
マウスピース矯正は、最低限、クリアアライナーの認定医、インビザラインは、プラチナドクター以上の歯科医院を選ぶのが、ベストです。

なぜ歯並びを治す必要があるか?

50歳までは、平均24本の歯が残っています。
しかし、そのあとは、歯が抜けてきます。
その違いは、歯並びが大きな要因であることがわかっています。
生涯、歯を残すためには、きれいな歯並びでいることが、条件です。

休診日

Available
Booked
Changeover
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

歯科治療・設備

PAGE TOP