歯科全般の疑問

一般歯科の疑問

歯科全般の回答

Q:歯の構造を教えてください

歯は下の図のようになっています。
エナメル質と象牙質、歯髄、セメント質からなっています。

Q:神経が死んでいるのに 痛みは出ますか?

A:神経が死んでしまうと 歯髄という空洞の中が 腐ってしまいます
腐ると 細菌が繁殖します
その細菌が 根の先の方にでて 骨を溶かしていくのです
体調などを崩し 骨の中に炎症を起こすと 痛みが出てきて 腫れが出てくる場合があります
きっちりと治療すれば 治ります
次の写真の根の先の黒いところが 骨が溶けているところで 治療後は 空洞もレントゲンで白いもので埋められ 骨もできます
根の治療は難しく 歯科医院選びも難しいところです
blank

根が化膿したのですが

Q:根が化膿しているということで、根管治療が必要と言われたのですが、どのような治療ですか?

A:神経が死んでしまったり、根の治療後に不完全な治療のために、根から根の先に向かって、細菌がでて、根の先の骨に膿がたまることが有ります。
そうすると、物が咬めなかったり、歯茎が腫れたりします。無症状の場合も有りますが早期に治療が必要です。
根の治療は、根の中を綺麗にします、最近では器械や超音波で綺麗にすることが多いです。さらに、重要なのは、根管充填といわれる方法で、根をきちんと形成したところに、きっちりガッタパーチャーといわれるものを、空間のないようにつめます。
今は、垂直加圧根充といわれるものが主流で、根管は殺菌水やレーザーで無菌的にするのが理想的です。
当院では、上記の他に、ドックベストセメントのシーラーを使用しますので、永久的に根の中は殺菌されます。根の治療の成功率は、大学の統計でも100%ではないのですが、できるだけ再発のない治療を心がけたいものです。
根の治療の後には、上に被せ物をしなくてはいけません。根の治療がうまくいかないと、再度、被せ物をはずして、根の治療をやり直す結果になります。
家でも、見えない基礎が一番大事なところです。

被せ物の、歯の色が合わない

Q:被せたものの歯の色があわないのですが、どのようにしたら合いますか?

A:被せたものの材料によりますが、表面にマニキュアみたいなもので、合わせることは出来ます。しかし、すっかり同じ色には出来ないために、被せなおすことをお勧めします。
その場合、色を性格に合わせる方法は、シェードテーキング(色あわせ)が重要になります。通常は、シェードガイドというものを使って、目であわせますが、すっかりあわせることは出来ません。一番、あわせることが出来るのは、クリスタルアイという歯科用歯色測定器を使うことです。ほとんど、誤差のないセラミックなどの被せ物が完成できます。

歯のQ&A

スタッフ一覧

PAGE TOP